自動車の損害保険には、この記事をお読みの方も既にご存知だとは思いますが、通称「等級」という略称で知られる数字付けドライバーに対してつけられます。より正確にはノンフリート等級別料率制度といい、保険料にかなり甚大に関係しています。等級によって、自動車の保険加入者の透明な料金設定を目標としているので、自動車事故を起こしてしまう危険性あるいは自動車の保険を利用する確率が高ければ大きいと考えられるほど月々の掛金が上がります。その一方でアクシデントを起こす確度がより少なく、クルマの損害保険を用いられるとはあまり思われない人は、低リスクの利用者だとみなされ月額の掛金が低廉になります。安全運転している加入者の方が有利なシステムとなっており事故を発生させてしまいやすい運転手には多少デメリットのある仕組みであるといえます。優良ドライバーと事故の確度が大きい運転者の掛金が同じ金額だと不公平に思う被保険者が多数なので、保険会社サイドからしても支払額を減らすために何が何でも必要な仕組みだといえます。さて、等級という仕組みが実際に一体どんな仕組みなのか簡単に明らかにします。第一に、等級は1等級より20等級まであり数字が上がると掛け金が安価になる制度になっていることを押えましょう。さらには1等級より3等級に関しては値下げされず逆に値段が上がりアクシデントを生じさせクルマの保険を利用してしまうと等級が3つ下がり、一層負担が大きくなった車の保険を月々納めることになります。そして、新規で入るケースにおいては6等級から開始になり、そのときから自分の級が低くなっていくのか高くなるのかはドライバーの手にかかっています。ですから、保険料を安価にしたい方は、事故を防ぐために安全な運転に努めるのがまずは最も大事だといえるでしょう。

Copyright © 2002 www.foxsportsbracket.com All Rights Reserved.